姓名判断士になるためにはどのような資格が必要?

>

人格は結婚などで姓が変わることもある

この記事をシェアする

専門書などを買って勉強する

姓名判断の鑑定を行うために、勉強するべきことはたくさんあります。
書店を見ると、新しい姓名判断や姓名判断入門・姓名判断の基本・姓名判断辞典などの様々な書籍が発刊されているのですが、多数の書籍は初歩的な入門書なため、独学で姓名判断を習得しようとするならば、最低でも専門書などを買い勉強する必要があります。
ただし独学で鑑定自体を勉強したとしても、難しいのはコミュニケーション技術です。
どのような接し方をして話をすれば良いか、いかなる方法で鑑定結果を伝えるのかなど相談者とのコミュニケーションが重要で、独学では中々難しいのです。
姓名判断士になるための方法の一つとして、占い師さんに弟子入りするというやり方もありますが、この時代では弟子入りを受けてくれるという師匠を探すのは大変です。
一般の方が著名な占い師さんの弟子になるというのは、資格取得の勉強をするより難しいことは、容易に想像できます。

知名度が上がったり働き方を工夫している

姓名判断の技能を身に付け資格を取りプロの鑑定士として働くことは可能なのか、またどれくらい収入になるのか調べてみました。
一般的に占い師さんの平均年収は200万円から300万円といわれていて、日本の平均年収から見てみるとやや低めになっています。
ただし働き方を工夫している方たちや知名度が上がるなどして、年収1,000万円を超える占い師さんも少なくないようです。
これから資格を取り占い師として活躍しようと会社に所属した際は、給料については完全歩合制となっているところが多いので、占い師さんの取り分については料金の4割から5割となっています。
最近ではSNSを利用したクラウドソーシングサービスにより、占いの技能を買ってもらうなど様々な働き方があるため、資格を取ったら占いの腕を磨きつつ自分に合った働き方を見つけていくことが大切です。


トップへ